09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Libertyze (リバタイズ) 〜進化した自己啓発メソッド〜

ブログタイトルの”Libertyze”(リバタイズ)とは、自由(Liberty)と『〜化する』『〜にする』という意味の接尾語(-ize)を組み合わせた造語です。このブログでは、進化した自由人であるLibertarist(リバタリスト)になるためのメソッドをお伝えしていきます。

意識レベル500の壁

数年前から、A6サイズの小さなノートに、
日々の『気づき』『学び』をメモしています。



もともとは、仕事のときのメモ用手帳だったり、
eワラントやFXのトレードノートだったりしたもの
ですが、いつの間にか、日常生活を送る中での
総合的な『気づき』ノートになってました。



これを読み返してみると、自分自身の心の動きが
よくわかり、前進や成長も実感できるのでお薦めです。




昨年後半から、今年の春先にかけて、
ちょうど『カルマの燃焼』を経験していた
頃の記録を読み返すと、なかなかに興味深いです。



いろいろな困難・苦悩を乗り越えるごとに、
自分の思考の枠が外れ、より抽象度の高い
考え方ができるようになっていく過程が見えます。




旧ブログも書き綴っていた時期です。

まだ、ブログの方ではそういうプライベートな
状況はあまり暴露していなかったのですが、
『気づき』ノートはその辺容赦がありません(笑)。


自我が苦しむ様が、読み返すと面白いくらいに
書き綴られてます。面白いとか言ったら、当時の
自分に怒られちゃいそうですけど。



大いなる負の連鎖、『カルマの燃焼』ですが、
その『底』に差し掛かる前に、ちょっとした
兆候はありました。




まず、自我の力でもがくのをやめ、


『底があるのなら覗いてみよう』


という気持ちになったこと。




これは、旧ブログにも記事にしていました。


逆境の中には種子がある



これが、『転換のプロセス』の一つの
きっかけにはなったのですが、実はこの
約1ヵ月後にとどめの一撃が来ました。



『気づき』ノートには、


『とどめの一撃が来た!
もう受け容れるしかない。何でも来い』



とか書いてますね(笑)。

いまでこそ笑えますが、手の震えを抑えて何とか
書き綴るくらいの精神的ダメージだったわけですが・・・




そこが転機となって、その直後から急に、
自我は幻想だとか、悟りがどうの、とか
『気づき』ノートの中でもそうですが、
日常生活の中でもそういう言葉が
目につき始めました。



で、またその約1ヵ月後の4月8日、
小林大三さんのブログで、時間の流れの
固定観念を砕くような『学び』に出会った
というわけです。



因果律からの脱却



ちなみに、4月8日というのは、お釈迦さまの
誕生日であり、小林大三さんの誕生日でもあります。
なにか意味のある符合なんですかね。




前置きがえらく長くなってしまいましたが、
ここからが本題です。



先日、『パワーか、フォースか』
読み返していて、僕自身が体験した『目覚め』
というのが意識レベル500の壁を越えた
ことにあたるのだということに気づいたのです。






これは、ブッダやイエス・キリストと同レベルの
『悟りの境地』を経験したという、
デヴィッド・ホーキンズ博士の著書です。


この書籍では、キネシオロジーテスト、
筋肉反射テストと呼ばれる手法で、人間の
意識レベルをマップ化しています。



キネシオロジーテストについては説明を省きますね。
オカルトっぽくも見えますが、実証性のあるものです。


悟りの書 ~Road to Awakening~-意識のマップ


博士の意識のマップでは、意識レベル200のところと
500のところに壁があると述べています。



僕なりの解釈では、200前後は、
人間としての『良心』が前面に出るか
どうかの分岐点、500前後が、
『目覚め』の分岐点と見てます。



500レベルでは、他人の幸福が
不可欠な原動力となって現れます。


自分自身とほかの人間のスピリチュアルな
目覚めに関心を持つことが特徴です。


このレベルに達すると、物事の本質を
識別する能力が優れてきます。


理性を使わずとも、問題の全体性を
瞬時に認識する能力が生まれます。


それに加えて、特に時間とプロセスに対しての
とらえ方がそれ以下のレベルよりも大きく拡大します。


理性は細部だけを扱いますが、
『愛』は全体を扱います。

この能力は、よく直観に関係して
いるとみなされています。


『愛』は立場にとらわれないし、区別を
しないので、その結果グローバルに広がります。

どんなバリアもそこにはもはや存在しないので、
『他とひとつになる』ことが可能です。

したがって『愛』は包括的であり、自己に対する
意識が徐々に拡大していきます。


『愛』は生きることのすばらしさに焦点を
合わせて、ポジティブさを増大させます。

ネガティブなものを攻撃することよりも、
かえってそれをリセットすることによって溶かします。




さらっと目についた記述を引用してみましたが、
この4月以来、僕自身の中で経験してきた
内的な変化に思い当たることばかりで
びっくりしました。。。



これに加えて言うなら、


『感情にとらわれなくなる』


というのもありますね。




博士によると、世界人類の意識レベルの
平均は204、日本人の平均が400以上、
とのことなので、なるほど、結構そこかしこに
『目覚めている人』がいるというのもうなずけますね。


この場合の『覚醒』というのは、
500レベル以上の人、という意味です。



自我の生み出す感情の問題を、
自分で解決できる人たち
、というわけですね。



スポーツやビジネス、芸能や芸術、いろいろな
分野で『成功』(金銭的な意味だけではなく)
している人の特徴にも当てはまりますね。



成功哲学や自己啓発、NLP、サイコサイバネティクス、
セルフコーチングといったものは、


『感情をコントロールする』ことを
追求するものなので、これはまさに、

『目覚め』へ到るためのプロセスと言えます。




『目覚め』『覚醒』というものに対し、


感情がなくなる、ものごとに完全に動じなくなる


というイメージを持ってしまうと、超然としすぎて
自分のセルフイメージから遠く切り離されてしまいます。



『悟り』を求めると『悟り』が遠のく
というのはそういうことなのかと思います。




まずは、『感情の観察者になる』ということを
意識してみるのがいいんじゃないでしょうか。



NLPでいう、ディソシエイトというテクニック
でもあるのですが、自分自身の問題、苦しみに対して、


『観察者になる』というフォーカスの変え方は重要です。



自分の立ち位置、スタンスをコントロールでき、
感情というものから自分を切り離すことができるのです。




意識のマップでは、500レベルの上にも
さらに上位の階層があることが示されています。


その辺りになると、『臨死体験』や何らかの
スピリチュアルな『啓示』を受けることが
引き金になるように思います。



僕がいま、『左脳系』でいられるのは、
まだ500に上がりたてホヤホヤだから
なのかもしれませんね。


600レベルにまでいくと、隠遁生活に入ったり
本気のスピリチュアルリーダーになってしまう
みたいなので。



僕自身、この先、どうなっていくのか
わからないし、わかりたいともあまり思わないので、
いまは、自分の直観にしたがって、自分の
好きなように世の中に関わっていきたいと思ってます。




※お金との関係を変えたい方、
お金のメンタルブロックを解除したい方、

ビジネスという、『価値の循環』のしくみを学びたい方、
エネルギーの循環という観点でお金のことを学びたい方は、

こちらのメールレクチャーを受講してみてくださいね。

元学習塾の先生が教える、
【中学生でもわかるネットビジネスの稼ぎ方とお金の秘密】
(無料で受講できるメールレクチャーです)


メールアドレス(必須)
名前(苗字だけ)(必須)




ヤフーメールなどのフリーメールアドレスで受信すると、
迷惑フォルダに入ってしまう可能性があります。

あらかじめこちらの手順で設定して頂くか、
普段お使いのパソコン用のアドレスをご登録ください。

⇒ http://46mail.net/index.php?e=info@0329y.com


※このメールレクチャーは一通一通、とても長くて
濃い内容になってますので、携帯用メールアドレスでは、
最後まで受信できません。パソコン用アドレスをご登録ください。


詳細は、こちらをご参照ください♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【お願いごとです】
この記事を読んで、心に響くものがあった方は、
Facebookでシェアして頂けるとうれしいです^-^


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【Make Yourself Active ~行動する自分を創る~】【引き寄せの法則の真実 ~『思考の現実化』完全解説書~】

<<引き寄せの法則を理解し、役立てたい方は必見です!>>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
go page top

コメント

1. それは…

私の師匠が話していたことと照らし合わせると、アストラル体になる時が200で、メンタル体になった時が500なのだと思います。

師匠の話では、まだまだそれは入り口で…。
そこから先も長いようです。

と言っても、アストラル体にまでいける人もごくわずかだそうですが…。
私なんぞは、まだまだ到達できません(^^;)

URL | 見方革命家 まーく #79D/WHSg
2011/08/14 01:25 * edit *

2. Re:それは…

>見方革命家 まーくさん
コメントどうもありがとうございます^-^

なるほど、勉強になりますね。

意識レベルというように数字で可視化すると、
ラベル化されるという面もあるので、盲信せず、
『理解』に役立つ点だけ参考にしようと思ってます。

500のところに関しては、前に読んだ時と
今読んでみた時の理解度、感覚的なものですが、
それが明らかに違うのと、540のところの
記述は、今の自分にはまだ『理解』に到ってないと
感じられるので、今の自分の立ち位置はココかな、
と判断しています。

とにかくまだまだ先の長い入り口のところに
いるんだな、って感覚はありますね。
日々是精進です^-^

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/08/14 09:06 * edit *

3. 無題

私は、まだまだ 過程のきが・・ま、今、次ぎえの脱皮のじきなのは 自覚しております。繋がりの不思議、出会いの必然を感じております。

ありがとおおおおおおおおおお にこにこ

URL | hori0211 #79D/WHSg
2011/08/14 22:18 * edit *

4. はじめまして

ただいまパワーかフォースかを熟読中の
たみsunです。カルマの浄化に今直面しています。自分のアカシックレコードの記憶を、
断片的に見ていく時期のようです。

URL | たみsun #79D/WHSg
2011/08/14 22:50 * edit *

5. Re:無題

>hori0211さん
いつもありがとうございます^-^

そう、出会いの必然というのは確かに存在して、
人生で必要な情報って、必要なタイミングで
やってくるもんなんですよね。

この『目覚ましブログ』で楽しい覚醒仲間を
ぽぽぽぽーん、と増やしていきたいですね にこにこ

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/08/15 00:06 * edit *

6. Re:はじめまして

>たみsunさん
初コメントありがとうございます^-^

カルマの浄化中ですか。
しっかり燃やしきることを心ながら
応援させていただきます。

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/08/15 00:07 * edit *

7. 初コメント失礼します

私もつい最近この著書について取り上げたばかりです!(^-^)  奇遇ですね(笑) やはり全ての根幹は自分の中の根底にある意識ですよね。  これからも宜しくお願いします。

URL | ミスターY #79D/WHSg
2011/08/15 07:52 * edit *

8. Re:初コメント失礼します

>ミスターYさん
初コメントありがとうございます^-^

自分の意識が自分の現実、そして世界を創っている、
一番根っこになる部分ですよね。

最近読んでるNLPの本にもまったく同じことが
書かれていました。こういう世界観が広まって
きていることを考えても、やっぱり人間の意識って
進化してきてるんだな~って思いますね。

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/08/15 10:24 * edit *

9. 初めまして

私も、いわゆる“目覚め”“悟り”を意識しだしてから、やたらとそれをテーマにするブロガーさんや、本に出会う確立がふえました。
必然という訳でしょう。

目覚めを数字で表すのですね。
分かりやすいです。

>『悟り』を求めると『悟り』が遠のく

それはキイワードです。
遠いと思うから遠くなる。
それさえも自我意識が生み出すパラドックス?

人の意識の巧妙さに呆れるというか、絶句する今日この頃です(苦笑)

URL | まあさ@はつね #79D/WHSg
2011/08/25 13:51 * edit *

10. Re:初めまして

>まあさ@はつねさん
コメントどうもありがとうございます^-^

まったく同感です。
自我の本質は『ジレンマ』というところでしょうか。
それが人生に与えられた試練なんでしょうかね。

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/08/25 14:11 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanoukei.blog.fc2.com/tb.php/103-11a14b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

検索フォーム

アクセスランキング

ブログ以外のメディア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク