09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Libertyze (リバタイズ) 〜進化した自己啓発メソッド〜

ブログタイトルの”Libertyze”(リバタイズ)とは、自由(Liberty)と『〜化する』『〜にする』という意味の接尾語(-ize)を組み合わせた造語です。このブログでは、進化した自由人であるLibertarist(リバタリスト)になるためのメソッドをお伝えしていきます。

物質文明から精神的文明へ

自分の『認識』が自分にとっての『世界』のありかたを
決めている
、という世界観を持ったことは、僕自身の
人生の中で、一つの転機になったように思います。


前回記事:『認識』と『世界』


その後、脳のもつ潜在力や潜在意識のはたらき、
スピリチュアルな世界観や、宗教というものの本質
(宗教は結局自分を信じるための心のシステム)、
そういったものに興味が湧いて、いろいろと
自分なりに勉強するようになりました。



スピリチュアル、とカタカナにすると、ちょっと前の
ブームのせいもあって、怪しげでオカルトな印象に
なってしまうのですが、もともとの意味は、

Physical(物質的)に対する言葉としてのSpiritual(精神的)

宗教と科学が歩みをそろえて進化してきた欧米社会の中では、
日本人が考える以上に合理的なサイエンスとして、いたって
真面目に研究されているものなのだと思います。



量子力学といった物理学の先端分野にしても、
この宇宙という物質世界の中に、観測者の『認識』
という精神的(Spiritual)なものを持ち込んで
発展した学問なわけですからね。


欧米人にしてみれば、物理学や数学、
化学や生物学といった理系の学問自体が

『神の創造物であるこの宇宙や生命、それを支配する法則』

を解き明かそうというところが出発点になっている
ので、当然といえば当然なのかもしれませんね。



日本人の感覚からすると、理系とオカルト、
スピリチュアルは相反するもの、というイメージ
だったりしますが、ノーベル賞を受賞するような
欧米の理系学者たちは、実は敬虔なクリスチャン
だったり、ユダヤ教徒だったりするのです。


彼らの中では矛盾はない、ということなんでしょうね。



日本という国は、特定の宗教の影響を受けていない、
世界的に見ても珍しい、宗教的にフラットな環境にあります。


だからこそ、宗教を迷信やオカルトと捉えず、
争いや差別を生むような宗教の負の側面抜きに、
宗教というものが人の人生に与えるプラス面の
エッセンスを、真面目に科学的に研究するような
ムーブメントが起こってもいいんじゃないかと思いますね。



アメリカのキリスト教の中から、ニューエイジ
ニューソートという形で、そういった宗教科学とも
いえるようなムーブメントが起こって、それが輸入
されたものが、日本のスピリチュアルであったり、
成功哲学だったりするわけですが、もともとキリスト教や
ユダヤ教から出てきたものなので、宗教的な背景がない
人にはピンとこない部分もあるように思います。



僕が勉強してきた範囲でいえば、Spiritualな
世界観というものは、現代科学の水準でも、
それなりに納得のいく説明ができるように思いますね。


今までは、精神論や根性論みたいに、旧時代の
メンタリティとして片付けられてきたものを、
もっと理性的に、科学的に追究できるのです。


そういう、世界観や生命の本質、人生を豊かにする
ための知恵
を学ぶような学問分野が育ち、大学などの
高等教育機関で研究されるようになっていくとおもしろいですね。


本来、教育・学問といったものは、人生を豊かに
するために存在するものだと思うので。



無宗教の日本人であっても、成功者の話を聴くと、
そこには何かしらのSpiritualなエッセンスが見られます。


現実的なビジネスの世界で成功している人たちも、
自分の運命や、この世界に何か目に見えない大きな力が
はたらいていることを信じていたり、人々の思い、
思考や感情といった形のないものが大切だと、
自分自身の経験を通して得た知恵として語っているのです。


それを単に、ありがたい話とか、その人個人の信念や
考え方というレベルで片付けるのではなく、もっと広く
人々の人生に役立てられるように、体系化していくのです。



よくよく考えてみれば、今回の震災でも海外から
喝采を受けたのは、日本人の道徳心倫理観という
メンタリティ、Spiritualな部分だったわけです。


欧米から借りてきた学問を後追いでなぞるのではなく、
日本独自の発想で、精神的な学問分野を完成させれば、
本当に世界から尊敬を集めるような国になれるのでは、
と、現時点では妄想に過ぎませんが、ちょっと未来に
期待をしてみたくなりますね。



※引き寄せの法則を理解し、自分らしく
自由に生きるための方法を学びたい方は、
こちらのメール講座を受講してみてください^ー^


【リバタイズ基礎講座】〜自由への扉を開く無料メール講座〜


メールアドレス(必須)
名前(苗字だけ)(必須)




ヤフーメールなどのフリーメールアドレスで受信すると、
迷惑フォルダに入ってしまう可能性があります。

あらかじめこちらの手順で設定して頂くか、
普段お使いのパソコン用のアドレスをご登録ください。

⇒ http://46mail.net/index.php?e=admin@0329y.com


メール講座の詳細についてはこちら
go page top

コメント

1. 精神的文明

物質文明から精神的文明に今後は移行していくだろうという話しは、何年か前に何かの本で目にしたことがあります。
その本のでは、精神的文明に至る過程では、日本がその世界を引っ張っていくことになるだろうとも書いて
ありました。
その理由は、日本は目に昔から精神的なものに価値を見出す文化を持っており、世界でも類がないからだそうです。
例えば、プロ野球選手でも、グランドに入る前は必ずグランドに帽子をぬいで礼をします。これはアメリカなどの他国では理解されないそうです。
また今回の震災での日本で略奪などが起きない事も、礼節や他を思いやる昔からの文化がそうさせているのだと思います。

そういう国に生まれた事を感謝しないといけませんね。

URL | Dee #79D/WHSg
2011/04/07 09:42 * edit *

2. Re:精神的文明

>Deeさん
コメントどうもありがとうございます^-^

宗教なしに、こういう精神的な文化が広く浸透
している国って、ほんとに稀有な存在だと改めて
思いますね。おまけに物質的にも先進国。

多分、精神的なものが軽視されてるというより、
当たり前に浸透しすぎて、改めて深く追究する
ような空気じゃなくなってるってことなんじゃない
ですかね。

まじめに見直すムーブメントが起こると、大きく
変わる可能性があると思いますね。

URL | Yoshi #79D/WHSg
2011/04/07 10:38 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanoukei.blog.fc2.com/tb.php/14-ee2b85f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

検索フォーム

アクセスランキング

ブログ以外のメディア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク