05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Libertyze (リバタイズ) 〜進化した自己啓発メソッド〜

ブログタイトルの”Libertyze”(リバタイズ)とは、自由(Liberty)と『〜化する』『〜にする』という意味の接尾語(-ize)を組み合わせた造語です。このブログでは、進化した自由人であるLibertarist(リバタリスト)になるためのメソッドをお伝えしていきます。

これからの「感情」の話をしよう

好評の『引き寄せ』シリーズ、
まだネタはありますが、今日はひとまず、
ワンクッションをおいてみます。


引き寄せの実践~真我との対話~の記事で、
Yukikoさんとのコメントのやり取りで
得られた『気づき』のシェアです。


↓Yukikoさんのブログはこちら
百会のひやく


こういう意見の交換、『意識の共有』
はホントに有意義だと感じますね。



マイケル・サンデル教授の
『これからの「正義」の話をしよう』

じゃないけど、


『これからの「悟り」の話をしよう』

みたいな感覚ですね(笑)。


今日は『感情』のお話になるわけですが。



コメント欄でのやり取りで気づいたのは、

『感情には理由のあるもの、ないものがある』

ということでしたが、それを一日ほど
自分の中で寝かせたら、『感情』という
ものについて体系的に語れそうな気が
してきたので挑戦してみます。




『感情』というものは、本来の、

『真我からのシグナル』

である一次的な感情と、それを自我の思考
が加工する、二次的なものに分けられます。



『真我』からの直接シグナルである感情は、

『快』or『不快』の二種類です。



『快』は動機(許容)となり、
『不快』は抵抗となります。



動機とは、思考や行動を生み出す源
ですが、これは真我の意志(流れ)を
『許容』することだと言えます。


ゼロから自発的に何かを始めるのではなく、

『許容』することによって、自然の
流れに身を任せるので、それに沿って
思考や行動が生まれる、ということです。


これも、真我:現実が主体で、
自我が揺れ動く不確かなもの、


という視点を持てば正しく理解できますね。



『快』の感情が思考につながったものが、

『ひらめき』『直感』『気づき』

と表現できるもので、


よりエネルギーを持ち、行動につながる
もののことを『衝動』と表現できます。



心の底から湧き上がる『快』『不快』
以外の感情は、すべて自我の思考による
『二次創作物』と言えます。



自我レベルの願望や欲求、喜怒哀楽
といったものも、すべて、一次的な
感情である『快』『不快』を受けて、

過去の記憶(観念)に支配された思考
が加工した、二次的な感情なのです。



何かの出来事、人の行動を受けて
怒ったり悲しんだりするのは、

『不快』を思考が加工した結果、


喜んだり楽しんだり、というのも、

思考が『快』を加工したもの、と言えます。



たとえば、『怒り』の背景には
何かへの『不安』『恐れ』があり、
さらにそれの元をただせば、

真我から来る『不快』にたどり着きます。



一次感情と二次感情の区別は、

その感情に『理由がある』のか
『理由がない』のかでわかります。



自我の思考による二次創作物には、
必ず何かの『理由』があるのです。


『理由』を創るのは自我のしわざなので、

本来の真我からのシグナルである一次感情
には、『理由』なんて存在しないのです。



考えてみたら、自我のない赤ちゃんの
感情は、まさにこの二種類に集約されますね。

シンプルに

『快』⇒ 笑う
『不快』⇒ 泣く


だけです。




引き寄せの法則にも絡めると、

『自我レベルの願望』にはすべて
『理由』がある
ということに気づきます。


お金が欲しい

愛が欲しい

満たされたい

豊かになりたい



どれも、いま自分が感じている
『不快』
から発する願望です。


『欠落』にフォーカスした願望ですね。



これに対し、『真我の望み』は、
理由のない『快』という動機に
基づいたもの、ということです。



なので、『衝動』と、思考の産物
である『欲求』との区別は、『理由』が
あるかないか
、でわかるということです。



もう一ついうと、ネガティブな衝動、
というのは、ここで僕が定義している
『衝動』とは種類の違うものだと言えます。



ネガティブな思考・行動というものは、

真我からの『不快』のシグナルを、
自我の思考が勝手に加工して、
無理やり動機につなげたものです。


『不快』を避けるために、

こうすれば楽になれるんじゃないか、

と勝手な解釈をつけて、
それを動機にする、ということです。



『不快』のシグナルを受けたときは、
自我の思考であれこれと考えても
解決にはつながりません。


『視点』を変えて、感覚を研ぎ澄まし、
『快』のシグナルを拾うことに集中するのです。


思考を使うとすれば、『視点』を切り替える
ための質問
を自分自身にするのがいいでしょう。


たとえば、

『いま、自分が与えられるものはなんだろう?』

という質問は、なかなかに効果的だと思います。
その根拠はこの後に述べます。




一次感情は、自我:思考を超えた
ところからやってくるため、
『言葉』にはしにくいものです。


『言葉』は具体性が高すぎるので、
抽象度の高い一次感情を収めるのは、
難しいということです。


なので、思考を飛び越して『行動』
につながりやすい、という特徴があります。



それが『衝動』です。



真我の『快』というシグナルを
動機にした衝動は、

『与える』

という形をとります。



真我の流れに身を任せるので、
自然の摂理に沿った形になるのです。


『与える』その対象は、他者であったり、
また、自分自身ということもあります。



エーリッヒ・フロム著の
『愛するということ』では、

『愛とは与えること』だと語られています。






『与えること』は、あなたの
生きる力のもっとも高度な表現なのです。


『与える』という行為を通じて、
あなたが生命力にあふれ、惜しみなく
消費し、いきいきとしているのを実感し、
それゆえに喜びをおぼえるのです。


与えることはもらうことよりも喜ばしいことです。

『与える』という行為があなたの
『生命力の表現』だからです。



『与える』という行為によって、
あなたの喜び、興味、理解、知識、ユーモア、
悲しみなど、あなたの中に息づいている
ものの、あらゆる表現を与えるのです。


このように、自分の生命を与えること
によって、人は他人を豊かにできます。

あなた自身の生命感を高めることに
よって、他人の生命感を高められるのです。




『無償の愛』というのは、まさに
これの代表的なものですね。



こういう『衝動』は、動物なら何でも
持っている『本能』とは異なるものです。


人間だからこそ持つもの、人間が
本来持つ『善性』とも表現できます。



理由も見返りもなく何かをしてあげたい、
与えたい、というのが『愛』『慈悲』です。


理由も見返りもなく人を攻撃したい人
なんて、この世には存在しないのです。


何かを攻撃したり、奪おうとする
背景には、必ず自我が創りだす、
なんらかの『理由』があります。




人が人を傷つけたり、戦争が起こるのも、
すべては『理由』があるのです。


自我を持たない動物は、『食べるため』
以外の理由で、

たとえば『攻撃したい』とか『壊したい』
という欲求で他の動物を殺したりはしません。



人類の歴史、文明の歴史というものは、
『自我の歴史』でもあるため、戦争や、
血なまぐさい出来事の連続と言えます。


ただ、その評価、『解釈』も自我によるものです。


『観念』のフィルターを外せば、
人間もまた、自然の一部であり、
それ以上にもそれ以下にもなり得ないのです。




僕個人は、人間の本分は善性である
ということは間違いないと思っています。


『善性』という言葉、表現も自我の
貼ったラベルに過ぎないのですが、
ここでは置いておきましょう。


昔の人は、

『善い行いをしたとき、心が
 温かくなるのは神がいる証拠だ』


と考えたようですが、その
解釈は正しいと思っています。




『善行』と表現できるような
行動は、真我からの『快』のシグナル
に基づいたものであり、

人間が、そのシグナルを『快』
受け取ること自体が、『生命の本質』
『自然の摂理』
に沿うことなんだと思います。



つまり、『衝動』とは人間の善性、
自然の摂理に結びつくものであって、


あなたが生命力の表現として
『与える』こと
、また、それは、


『調和』『愛』『豊穣』『拡大』『成長』


という言葉で表現できるものなのです。




動画セミナーが無料で視聴できる
無料体験【ミニ講座】はこちら



【創造者としての目覚め】
〜『自分探し』を終わらせるプログラム〜
氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
go page top

コメント

1. こんばんは

「快」「不快」が真我からのシグナル
それは分かりやすいです
そう考えれば真我からのシグナル理解できましたv
ありがとうございます

一時的なもの、二次的なもの、それも良く分かりました

分からないのは最近感情が無くなってきた
ま、これは自分の事だから書いても仕方ないですが~(笑)
なんだかなぁ、つまんないな~!
折角ジェットコースターに乗ったのに
全然怖くないので損した!みたいな感じなんですよ~(笑)

ここで零しても仕方ないですね
失礼致しました

URL | スイート☆ポテト  #79D/WHSg
2011/09/28 23:51 * edit *

2. Re:こんばんは

>スイート☆ポテト さん
コメントどうもありがとうございます^-^

感情がなくなってきた・・・
『怖さ』がなくなるというのはわかりますね。
でも、僕の場合、二次的な感情、喜怒哀楽は
以前よりも感じるようになりましたね。

その場その場で味わって成仏させるので、
長く残ることはないんですが、感情そのものを
以前よりも楽しめるようになった気がします。

プラス感情だけじゃなくて、怒ったり失望したり、
同情したり悲しんだり、ってのも純粋に楽しむ
というか、味わうようになりましたね。

『覚醒』前は、ポジティブ感情じゃないとダメ
なんだって観念があったので、どこか不自然に
感情を監視してるようなとこがあったんですが、

今はそういうのは必要なくて、ただ味わえば
いいんだってのがわかったので、より人間稼業
を楽しめるようになりました^-^

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/29 00:37 * edit *

3. おうまいごっと

素晴らしい♪


ありがとう!

URL | 学びブログ春【心・潜在意識】 #79D/WHSg
2011/09/29 01:12 * edit *

4. Re:おうまいごっと

>学びブログ春【心・潜在意識】さん
こちらこそ、ありがとうございます^-^

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/29 01:31 * edit *

5. 無題

怒りの感情の奥底に、不安や恐れ。
でも、イラつき怒っている相手に一度心底、何をそんなに恐れているのか?
何が不安なんだ?
と言って大失敗。
火に油が注がれました。
クルマのトラブル要注意。
立ち往生したクルマが詰まっていても泰然自若。
動かないモノはしゃあないし、持ち主責めても何にもならない。
そんな事が言いたかっただけなのですが。
いつも、ありがとうございます。

URL | 十文字(samurajo) #79D/WHSg
2011/09/29 06:38 * edit *

6. 欲するのではなく与える。

 タイトルでマイケルサンデルだったのはすぐにわかりました(笑)
 最近200の壁を超えて周囲の環境は全て自分の真我が引き寄せているのだということがYoshiさんのブログを読み進めていくことですっと身体に入ってきた感じがします。
 お金がほしいのではなく何を与えるためにお金がほしいのか、そういうことが大事なのでしょうかね。そう考えると自分のインカンテーションの1つである「世界中の人々の健康に貢献する」というのも与えるためのものになるのかなぁと漠然と考えたりします。
 いつも貴重な気付きを与えてくださってありがとうございます。ブログの更新楽しみにしています。

URL | 森子@吉葉 #79D/WHSg
2011/09/29 07:37 * edit *

7. 最近は

最近はわたしが出来ることって
何かな?ばかり思っています。
まさに与えることですね。

URL | 潜在意識クリアリングカウンセラー 月華(つきか) #79D/WHSg
2011/09/29 08:59 * edit *

8. Re:無題

>十文字(samurajo)さん
いつもコメントをありがとうございます^-^

こういう感情の背景を指摘するのって、図星過ぎると
『火に油』になっちゃいますよね。

ラポールがどれだけできてるか、にもよるんですが、
他人に向かってはストレートに伝えない方が
いいかもしれませんね。

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/29 09:05 * edit *

9. Re:欲するのではなく与える。

>森子@吉葉さん
コメントどうもありがとうございます^-^

タイトル、お分かり頂けたようで(笑)
『与える』という言葉の正確な理解って大事ですね。
『愛するということ』で『生命力の表現』ってのを
読んだとき、自分の中で衝撃が走りましたね。

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/29 09:15 * edit *

10. Re:最近は

>潜在意識クリアリングカウンセラー 月華(つきか)さん
コメントどうもありがとうございます^-^

そのフォーカスの向け方は最高ですね!
自然にワクワクしてきます。
自分の生きることの表現、というやつですね。

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/29 09:17 * edit *

11. ぐっ´Д`

まだ遡るどころか、記事の途中で
文字が踊ってしまいまして…悔しい(T^T)
ゆっくりゆっくり拝読します


前半のみで失礼を…

快と不快のフォーカスは流石で、勉強になりました
人間が初めに会得する感情(感覚)は快と不快なんですよね
(一応、分野的に学びまして)
そこに全ては回帰する
成る程でした

読み込みたいのに読み込めなくて悔しいブログNo.1です…
勉強になります´∀`*

URL | 游凪 #79D/WHSg
2011/09/29 09:18 * edit *

12. Re:ぐっ´Д`

>游凪さん
コメントどうもありがとうございます^-^

心理学は正式に勉強したことなくて、全部独学&
自分の解釈ですが、いろいろと面白いですね。

書き出すとついつい長くなっちゃいます。
自分のタイミングで受け取って頂くのが
一番だと思いますよ^-^

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/29 10:01 * edit *

13. いつもありがとうございます

いつも読ませていただいてます。
ありがとうございます。

レベルの低い質問で恐縮なのですが、

>たとえば、『怒り』の背景には
>何かへの『不安』『恐れ』があり、
>さらにそれの元をただせば、
>真我から来る『不快』にたどり着きます。

真我からくる不快ということが、いまいちピンとこないのですが、なにかヒントをいただけないでしょうか?

勝手なお願いで申し訳ありません。
よろしくお願い致します。

URL | きしめん #79D/WHSg
2011/09/29 10:24 * edit *

14. Re:いつもありがとうございます

>きしめんさん
コメントどうもありがとうございます^-^

疑問にお答えしますね。

たとえば、レストランなどで、注文したものが
出てくるのが遅くて怒ってる人がいるとします。

その人の『怒り』の背景にあるのは、自分の
思い通りに動かない人や現象に対して、また、
自分の時間が奪われている、自分の存在が
脅かされている、という『不安』や『恐怖』です。

なぜ、その『不安』や『恐怖』が生まれるかというと、

その人自身が、『いまの自分の在り方』に無意識
の部分で不満を抱いており、それは『真我の望み』
を受け容れず、抵抗していることで受ける『不快』
の感情から生まれている、ということなんです。

真我の意志(流れ)に沿って、自我の在り方を
整えている人は『不快』ではなく『快』の流れ
に乗っています。

そこには『安心』や『幸福感』などの
満たされた感情があります。


だから、そういう些細なことでは不安も恐怖も、
怒りも生まれないし、生まれたとしても、すぐに
自分の中で成仏させられる(執着にならない)、
ということですね。


よく使われる言葉でわかりやすく言うと、

『心に余裕がある』⇒『快』
『心に余裕がない』⇒『不快』

ということです。


ご参考になれば幸いです^-^

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/29 11:12 * edit *

15. Re:Re:いつもありがとうございます

>Yoshi@左脳系スピリチュアリストさん

さっそくのご回答ありがとうございます。
しかも丁寧に答えてくださって嬉しいです。

わかってきました。

『真我の望み』を受け容れず、抵抗している
=現状に抵抗している
=真我と分離している

それに気がついたら居ずまいを正す
=『快』を探す
=真我の意志(流れ)に沿う

という感じでしょうか。

いまの私にとっては『真我の望み』を知るということがポイントになりそうです。

本当にありがとうございます。
これからも更新を楽しみにしています。

URL | きしめん #79D/WHSg
2011/09/29 12:04 * edit *

16. Re:Re:Re:いつもありがとうございます

>きしめんさん

『不快』⇒真我との分離

まさしくそうですね!


逆に

『快』⇒真我との同化

なんですね。


『鏡の法則』を使えば自分の内面を客観視
できますし、それとプラスし、自分の『快』
のシグナルに敏感になるのを意識するのが
ポイントですね。

何が『快』で、何が『真我の望み』かを知るには、

『自分が与えられる(貢献できる)ものは何か?』

という問いかけ、ということですね^-^



URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/29 12:23 * edit *

17. 与えるということ

「いま、自分が与えられるものはなんだろう?」と質問してみたところ、答えが出るまえに「なんで与えなきゃいけないの」という自我ちゃんの答えが聞こえました。
(情けないですが。。。)

自分が幸せいっぱい気分の時は、みんなにもおすそわけしたくなるけど、そうでないときは無関心。これって自我と真我が完全に分離しているってことですよね。

「無関心」は「愛」の反対だと読んだことがあるのですが、これはやはり自我が強すぎるせいなんでしょうか?他の人が困っていたら助けてあげたいと思うけど、普段自分から他の人に何かをしようという気にはなれないのです。。。

目覚めた友人たちが「少しでも人の心を明るく出来るように」と作った某アプリのデザインを手伝ったときも、動機が偽善的というか本気で助けたいと思った訳じゃなくて、「助けることは正しい=良い事をしている=悟りに近づける」みたいな下心がありました。

私の師は「自分勝手な動機で誰かを助ける方が、何もしないよりはましだ」と言われていたのですが、この辺が今までずっとひっかかっています。どうしたらもっと他の人に対して愛情を持てるようになれるのかな。

長文ですいません。
もし何かご助言頂ければ幸いです。

URL | ゆき #79D/WHSg
2011/09/29 12:59 * edit *

18. 感情

感情にふりまわされている私にとってタイムリーな内容でした。ありがとうございます。

私はどちらかというと「不快」にフォーカスしまくっている感があります((+_+))

その感情をただありのまま味わうとともに、
視点を切り替える訓練をしたいと思います。

日々、精進ですな。。

URL | 美容業界初心者マーク #79D/WHSg
2011/09/29 13:17 * edit *

19. Re:与えるということ

>ゆきさん
コメントどうもありがとうございます^-^

『与える』のとらえ方にも段階があって、
『与える』⇒自分の何かを奪われる
という誤解にとらわれているんだと思います。

真我からの『衝動』の『与える』は存在レベルの
もので、『行為』だけに限定されるものじゃないんですよね。

自分の存在がただ『在る』だけで誰かの支えに
なっていたり、誰かの存在が自分の支えになっていたり。

だから、『与えられるものはなんだろう?』よりも、

『自分の存在が与えてるものはなんだろう?』
『自分はこの世界から何を与えられてるだろう?』

って問いかけてみた方がいいかもしれません。


自分の心(自我)がどんなに不幸せ(だと思い込んでる)
な状態でも、人が存在している限り、必ず世界に
何かしらの貢献をしているんです。

それを意識してみることですね。


『動機はともかく善行』をというのは、
ホ・オポノポノで感情を込めなくてもいい、と
いうのと同じで、形から入ったとしても、それが
習慣になれば、本質に気づける機会が増える、
ということなんです。

不純な動機で人に親切にする、というのを
『観念』を外して観ると、

人に感謝される機会が増える、という
結果だけが残るわけです。

そういう『感謝』を受け取っていると、
自我も癒されてきますよね。
そういうことだと思います。

自虐的にとらえたり、罪悪感を持つ
必要はないと思いますよ。

自我が持つ誤った思い込みなんて誰にでも
あるものなので、開き直りと、できるだけ
シンプルに考えるのがイイと思います^-^

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/29 15:02 * edit *

20. Re:感情

>美容業界初心者マークさん
コメントどうもありがとうございます^-^

『不快』『違和感』『居心地悪い』と感じたら、
反射的に、

『じゃあどうなれば自分は気持ちよくなれるのかな?』

と視点を変えてしまうんです。


『不快』に対しては、
『大事なことを知らせてくれてありがとう^-^』
とお礼を言っておく。


視点の切り替えは、枠を外して、前提と思い込んで
いることを取り払って考えることが大事です。

あと、自分がどういう在り方(与え方)をしてる
ときに気持ちいいのかを把握しておくことですね。

たとえば、僕の場合、教育業界で仕事をしてきた
長年の経験から、

『人の人生をいい方向に変えること』というのが、
ツボだと自分でわかってます。

『思考の枠』を外すと、大概のことはそのツボに
こじつけてとらえられます。

こうしてブログでやりとりするのもそうですし、
コンビニで買い物をして店員さんに、

『ありがとう^-^』

と笑顔で言うだけでも、その人の人生を何かしら
いい方向に変えた、と言えるわけです。

こういうのって、ホントに習慣的な日々の訓練で
誰でもできることだと思いますよ^-^

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/29 15:03 * edit *

21. Re:Re:与えるということ

>Yoshi@左脳系スピリチュアリストさん

とても丁寧でわかりやすいアドバイスをありがとうございます。あまりに深刻に考えるのも自我ちゃんの特徴ですね。

別のコメントでもおっしゃっておられたように、お店でニコッてするだけで人の心がぽっとなるというシンプルなことも与えているんですね。なるほど。それなら、出来るし、したいと思えます(^-^)。人の笑顔を見るのは皆楽しいですもんね。

本日も非常に勉強になりました。
どうもありがとうございました!

URL | ゆき #79D/WHSg
2011/09/29 16:49 * edit *

22. Re:Re:Re:与えるということ

>ゆきさん
そうそう、シンプルでいいんですよ。
特別なことをする必要もなくて、方向性が
わかれば、あとは心の赴くままに、ですね^-^

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/29 17:13 * edit *

23. こんばんは

皆さんのコメントがますます気づきを深くしていきますね。すばらしいですね!
こういうシェアができるのもYoshiさんのおかげです。

私は「快」の感情をまがったようにとらえやすくて、喜びとか楽しみとかを受け取ってはいけないとか、思っちゃいけないとか、面倒なタイプです(笑)

与えて気持ちいいことが、自分の進む方向でいいのだ!と嬉しくなりました。

ありがとうございます。

URL | 恋愛&人間関係サポーター☆fumiwo☆ #79D/WHSg
2011/09/29 17:43 * edit *

24. Re:こんばんは

>恋愛&人間関係サポーター☆fumiwo☆さん
コメントどうもありがとうございます^-^

ほんとに、みなさんのコメントは素晴らしいです。
感謝の念が絶えないですね。

人間として、すごく自然なこと、
それを味わいながら実行していけば
いいんですよね。カンタンです^-^

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/29 18:05 * edit *

25. あしからず!

素晴らしいブログなので、
わたしのブログで、あなたのブログを、
勝手に御紹介させていただきました!

ありがとうございました。
ショカツアキラ

URL | 諸葛Akira #79D/WHSg
2011/09/29 18:25 * edit *

26. Re:あしからず!

>諸葛Akiraさん
コメントどうもありがとうございます^-^

ご紹介して頂いて嬉しいです。
今後ともどうぞよろしくお願いしますね!

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/29 18:49 * edit *

27. こんにちは

昨夜は、自分のブログ記事をアップするのがせいいっぱいで、ここまでたどり着けませんでした。

「これからの『感情』の話をしよう」
なかなかすてきなタイトルですね。

私は自分のことを理論派だと思っていましたが、いやいや、Yoshi@左脳系スピリチュアリティさんには、脱帽です(笑)。

記事内容をほんとうに理解しようと思って読むと、何度も読み直さなければならなかったり、あっという間に思っていた以上の時間が経過していたりと、ついていくのに必死でした。

「快」「不快」の感覚が、私たちを導いているという基本の部分は同じですが、私が説明したら、まったく違ったものになるなと思いました。

「『真我の望み』は、理由のない『快』という動機に基づいたものである」という説明は非常にわかりやすく、多くの人の助けになるだろうと思いました。

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/30 00:02 * edit *

29. 無題

『与える』から『再生』するまでの輪廻転生の世界を感じられる思考ですね。

この輪廻の動きに感情の流れは関与して

『引き寄せの法則』の深層にある『波動の法則』も感じてみると、真我と自我の調整がスムースになってくるような気もしながら、

自我の持っている働き、加工にしても、
調整できる素材に思って、活用すれば磨かれるものにも思えてきたりしています。

URL | Yukiko #79D/WHSg
2011/09/30 13:47 * edit *

30. Re:無題

>Yukikoさん
コメントどうもありがとうございます^-^

人間に与えられた波動センサーが、真我からの
一次感情なんでしょうね。

高いか低いか、快か不快か。

でも、一方的に受け取るだけでなく、
自我のはたらきで、ある種のコントロールが
出来るということが、人間に与えられた創造力
とも言えるんだと思います。

URL | Yoshi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2011/09/30 15:01 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanoukei.blog.fc2.com/tb.php/142-cf8f25d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

検索フォーム

アクセスランキング

ブログ以外のメディア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク