07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Libertyze (リバタイズ) 〜進化した自己啓発メソッド〜

ブログタイトルの”Libertyze”(リバタイズ)とは、自由(Liberty)と『〜化する』『〜にする』という意味の接尾語(-ize)を組み合わせた造語です。このブログでは、進化した自由人であるLibertarist(リバタリスト)になるためのメソッドをお伝えしていきます。

予感とは未来の種

先日読み終えた苫米地博士の

『脳を味方につける生き方』の最終ページ
に書いていたことと、最近考えてきたこと
をちょっと整理してみます。


未来からの視点で自分を見る


脳を味方につける生き方(苫米地英人氏著)読了




苫米地氏は、時間の経過とともに
未来は現在になり、現在は過去となる、


という言葉で、『未来の結果が現在』
ということを実に巧みに表現しています。



この表現のように、『未来』が原因で、
その結果として『現在』になる
、とすると、

『現在』の原因としての『未来』は、
一体どこに存在するのか?という疑問が浮かびます。



ここで人間の自覚している意識の奥にある、
『潜在意識』について考えてみます。



『潜在意識』には個人としての過去の経験が
すべて記録されているという『個人的無意識』と、

さらにその奥に広がる『集合的無意識』の領域が
あるということが、ユングによって提唱されました。


こういった意識の中の世界は、僕たちが
普段暮らす物質的世界(現実世界)に対して、
『情報空間』という呼ばれ方もします。


コンピューター内のように、物質ではなく、
情報によって構成される世界です。



この概念は、古くはブッダが悟った仏教思想に
端を発し、その影響を受けて構築された心理学、

また、量子力学といった物理科学の分野でも
取り扱われて議論されています。



ここからは僕自身の解釈にもなりますが、

『個人的無意識』が過去からの経験を
無尽蔵に記録する、人間にとっての
HDDのような記録領域なのに対し、

『集合的無意識』
は時間や空間を超越した
『情報空間』にあたるものだと考えています。



空間を超越する、というのは『シンクロニシティ』
などによって空間を超えて意志が伝達すること、

場合によっては光速を超えるスピードで情報が
伝達するという性質から考えられることです。


また、時間を超越する、という性質によって
『情報空間』内には現在・過去・未来がそれぞれ、

実体をもたない量子的な存在、純粋な可能性
として存在している、と考えることができます。



そもそも、量子力学は、光や電波が波動性と粒子性
(波としての性質と粒子としての性質)を併せ持つと
いうことに着目したところから始まっています。



量子力学の基礎原理の一つである『不確定性原理』
は、原子核の周りを飛ぶ電子の様子を観測する時、

観測者が観測するという行為によって、
電子の運動に影響を与えてしまうため、

電子の運動量と位置を
同時に知ることはできない


という、常識で考えると
ちょっと不思議な印象を受ける理論です。



この、原子核の周りを飛ぶ電子の
状態のことを『量子状態』といい、

これは『観測』されるまでは確定しない
、確率分布による『可能性』としての

”もや”のような存在ということを示しています。



電子は観測するまでは『可能性』として実体を持たず、
『観測』することによって、この世に実体を持つのです。


つまり、この宇宙(物質的世界)の物理現象に、
『観測』という人間の意識のはたらき、『認識』が
影響を与える
ということを証明する理論というわけです。



この電子の状態と同様に、人間の潜在意識の深い領域で、
『未来』というものは『可能性』として存在している、
と考えることができるのです。



そして、その量子状態で存在する『未来』は、

自分自身の『認識』によって、実体を持ち、
『現実』として自分の元にやってくるということです。




余談になりますが、こうした20世紀に
発見された物理学の先端的な理論と同様の結論に、

2500年も前に、自分の内面と向き合うこと、
つまり瞑想によって到達したのが
お釈迦さまであるブッダです。



般若心経にある『色即是空、空即是色』

『すべての物事(色)は実体の無いこと(空)に
よって成立しており、実体の無いこと(空)こそが
すなわち物事(色)である』


という意味になります。


すべての物質はエネルギーと置き換えられる、
というアインシュタインの相対性理論と同じこと
を言っているわけですね。



苫米地氏は、欧米の物理学者に仏教支持者が
多いのはこういう理由からだ、とも述べていました。

伝統的なキリスト教の世界観よりも
科学的に見えたということなんでしょうね。



さて、本題に戻ります。


潜在意識の『情報空間』にアクセスすることに
よって、現在の自分の脳裏に浮かぶ未来の自分、

これは『予感』と呼べるものですね。



西田文郎氏の『ツキの大原則』では、

『人は過去に予感したとおりの自分になる』

ということが述べられています。



上述したとおり、潜在意識には『個人的無意識』
領域もあるため、たいてい浮かぶ『予感』は自分の
過去の経験・記憶を元に構築されたものになります。


スポーツ選手などは、普段からトレーニング
を繰り返し、成功のイメージを潜在意識に
蓄積しているため、

常人には難しいようなプレーにも
『成功の予感』を持つことができるのです。



一般的に言っても、普段からしっかり準備して
慣れていることに関しては、誰でもすんなりと
『成功の予感』を持つことができます。


そして、これも大きなポイントですが、

『人間は錯覚の動物』であり、潜在意識は
だまされやすいという性質があります。



つまり、現実に体験したことでなくとも、

明確なイメージ、それも感情を伴うくらいに
強いイメージ
を持てば、悪い予感を良い予感に
変えることができるのです。



夢や願望・目標の実現のために、イメージングや
アファメーションといった自己暗示のテクニック
が有効なのは、こういう理由からです。



長くなりましたが、ポイントを整理すると、

『未来は現在の原因(種)となる』

『原因となる前の未来は可能性として潜在意識内に存在する』

『未来の状態を決めるのは自分の認識』

『未来に対して明確なイメージを持つことを習慣にすれば
 自分の思い通りの人生を歩むことができる』


ということですね。




動画セミナーが無料で視聴できる
無料体験【ミニ講座】はこちら



【創造者としての目覚め】
〜『自分探し』を終わらせるプログラム〜
氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanoukei.blog.fc2.com/tb.php/21-0feb830a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

検索フォーム

アクセスランキング

ブログ以外のメディア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク