09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Libertyze (リバタイズ) 〜進化した自己啓発メソッド〜

ブログタイトルの”Libertyze”(リバタイズ)とは、自由(Liberty)と『〜化する』『〜にする』という意味の接尾語(-ize)を組み合わせた造語です。このブログでは、進化した自由人であるLibertarist(リバタリスト)になるためのメソッドをお伝えしていきます。

無意識を知るために現実がある

潜在意識や無意識というものを学んでいくと、
よく出てくるのが、



『なんで潜在意識って、顕在意識と反対のことを考えちゃうの?』


とか、


『なんで潜在意識で考えてることって自分では気づけないの?』



って疑問だと思います。





これは、メカニズム的に言えば、

潜在意識が『主』、顕在意識が『副』

という成り立ちなのである意味当たり前なんです。



潜在意識は『全体』、顕在意識は『部分』。



部分は全体のことを知ることはできないわけですね。




僕たちの自我は、『部分』の側から、
ものごとを『顕在化』、つまり観えるようにして
考えることしかできないようになってるのです。




由佳さんも話してましたが、潜在意識と顕在意識、
その容量という意味でいえば、大きな違いはありますが、


どちらの方が大事、ということではなく、どちらも大事なんです。




大切なのは、それぞれのしくみ、特徴をとらえて、
うまく調和させていく
、ということなんです。





で、メカニズムは置いといて、
感覚的に理解しやすい秀逸なたとえが、


『鏡の法則』です。



これは、RAS(Reticular Activating System)、

網様体賦活系
という、人間の脳の中にあるしくみ、



潜在意識の中で存在感の大きなもの(つまり重要な関心ごと)
にフォーカスを向けて、その情報をクローズアップして
認識するという、


『信念(観念)のフィルター』のはたらきによる法則です。




簡単にいえば、自分が認識する『現実』世界には、
自分の自覚できない無意識の領域にある情報が、

それこそ『鏡』を観るかのように投影される
、ということです。




自我は、どうやっても、自我だけで
自分自身を認識することはできません。



自我というものも、もともと、


世界の中の自分以外のものの情報を蓄積し、

それらとの関係性を解析して『自分』というものを
『概念』として定義したプログラムなのです。




他者の存在、世界の存在がなければ、どうやっても
自分自身を定義することはできないのです。




これは、自分の顔はどうやっても、自分で
観ることはできない
、ということと同じです。



自分の心を自分で観ることはできないのです。



ですが、『鏡』というもの、ビデオや写真を使えば、
自分の顔を観ることができます。




ビデオや写真は、『記憶』
そして、『鏡』とは、自分が認識する『現実』です。




ビデオや写真に映った自分の顔は、
『加工』することができますね。



これが『記憶』の改ざん、リフレーミングによる
『解釈』『思い込み』を変える、という行為に当たります。




『鏡』は、その鏡面の状態によって映りが変わります。


曇った鏡、凹面鏡や凸面鏡を使えば、自分の姿が歪んで映ります。



これは、メンタルブロックがあって、RASのフォーカスに
歪んだフィルターがかかっている状態です。



鏡面の状態を、映りが良くなるように調整することが、
『自我を調える』ということに当たるわけです。





なので、自分が気づけない、ということを
気に病む必要は一切ない、ということなんですね。



構造的に不可能なことを嘆いてもしょうがない、

というか、



『自分のことは自分には観えない』というのは、
誰にとってもそうであって、自分だけの、
個人的な問題ではないからです。




たとえば、


『呼吸せずに生きることができないなんて、
 自分はなんてダメなやつなんだ。。。』



と、嘆くようなものです。



同じように、自分の性格や個性を卑下するのも、
自分自身の個人的な問題だととらえることから
きている『勘違い』に過ぎないのです。




自我というのは命令処理・情報処理を行うプログラム。



自我の習性(基本プログラム)は、誰でも同じ、
生命の本能と同じで、


『苦痛からの回避』

『快楽の追求』



ということだけです。



自分がネガティブに卑下してしまう自分の欠点は、
『安心・安全欲求』という、生命なら必ずもっている、

『生存本能』にしたがって、反応しているだけのことなのです。




ネガティブに考えてしまうこと、
すぐに怒ってしまうこと、


他人に対して否定的、攻撃的になること、
行動する勇気をもてないこと、


優柔不断で決断できないこと、




これらのことはむしろ、自分の自我というプログラムが
その役割をしっかりと果たしてくれている証拠でもあるのです。




プログラムが悪いわけではなく、
その土台となる情報(記憶の中の知識)に
変化が必要だということです。



それを『在り方』を変える、というのです。




材料のない状態で何かを創ることは出来ません。


必要な材料(記憶・知識)を用意すれば、
自我というプログラムが自動的に創ってくれるのです。




人間の自我というプログラムの性能に差はありません。




差がつくのは、潜在意識にどんな記憶・知識が
貯えられているのか、ということによるのです。



だからこそ、『学ぶ』必要があるわけですね。




そして、自分の感知できない『潜在意識』に、
どんな『学び』が必要なのかを教えてくれるのが、


『現実』という鏡なんです。





他人や世界を観て自分が感じること。



他人や世界を観て、自我がどういう反応をするのか
それをただ観察すればいいのです。




ネガティブな反応を止めようとする必要はありません。




ネガティブな反応に気づけば、そこで一つ、
自分の潜在意識、本当の心に在るものを知ることができた

ということなのです。




その反応が心地悪いのなら、じゃあ、どうすれば
心地よくなるだろう、と考えればいいのです。



『鏡』を観て、自分の髪型が気に入らなければ、
それを変えよう、と考えるはずです。




一度で、思っているような髪形にはならないかもしれません。



でも、何度か試しているうちに、自分がどういう髪型を
求めているのかもわかってくるし、そういう理想にも
だんだんと近づいていけるはずです。




それが、『鏡の法則』『投影』
本質というものではないでしょうか。




動画セミナーが無料で視聴できる
無料体験【ミニ講座】はこちら



【創造者としての目覚め】
〜『自分探し』を終わらせるプログラム〜
氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
go page top

コメント

1. うまい !(^O^)!

いつも楽しく読ませていただいています。

毎回スマートで素晴らしいのですが、

今日の記事はまた特にうまい!

座布団5枚、いや金の座布団3枚級です(^_^)

URL | おさむちゃん #79D/WHSg
2012/03/05 18:29 * edit *

2. Re:うまい !(^O^)!

>おさむちゃんさん
コメントありがとうございます^-^

そう言っていただけるとめちゃうれしいです♪
やたっ!金の座布団3枚ゲット!(笑)

URL | YoShi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2012/03/05 19:27 * edit *

3. 無題

“在り方”って難しいんですね…たとえば疎外感を受けるってゆー反応をした場合、どこを見つめればいいんでしょうか?

反応は自我の記憶にいびつな箇所があるってサインだから、反応にフォーカスするんじゃなく記憶のほうを観て調える?

このへん頭ごちゃごちゃしてて…(´;д;`)

URL | 宇佐美ゆゆ #79D/WHSg
2012/03/06 09:40 * edit *

4. Re:無題

>宇佐美ゆゆさん
コメントどうもありがとうございます^-^

疎外感、っていうのも自我の分離意識の
典型的なものなんですよね。

まずは、自我から離れた視点を意識する訓練、
ってところですかね。

自分の反応を客観的に眺める、ってかんじです。
瞑想が自分に合うのならそれでもいいし、
そうでなければ自己観察でもOKです。

あとはやっぱり、人をモデリングするってことですかね~。

理想の『在り方』の人を見つけて、
その人に対して質問魔になる(笑)


で、その人ならこういうときどういう反応をするのか?
なぜそういう反応になるのか?

を掘り下げて探っていくんです。


理想の『在り方』の人なら、そういう質問を
受けても苦に感じないから遠慮しなくてイイと
思いますよ^-^

他人は鏡、っていうのはそういう意味でもあって、
自分のことは自分では観えないから、自分を知るために、
他人と交流して他人を知っていくんです。

一人で考えてると頭がごちゃごちゃしちゃうのは
これも当たり前のことなので気にしなくてOKですよ♪

URL | YoShi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2012/03/06 10:09 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanoukei.blog.fc2.com/tb.php/315-b0e039ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

検索フォーム

アクセスランキング

ブログ以外のメディア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク