09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Libertyze (リバタイズ) 〜進化した自己啓発メソッド〜

ブログタイトルの”Libertyze”(リバタイズ)とは、自由(Liberty)と『〜化する』『〜にする』という意味の接尾語(-ize)を組み合わせた造語です。このブログでは、進化した自由人であるLibertarist(リバタリスト)になるためのメソッドをお伝えしていきます。

育てなくても人は育つ

仕事を通して、人の教育・成長に長年関わってきました。



子どもの教育だけでなく、学生や社会人の講師の研修、
社内で人事的な仕事をしていたこともあるので、
社員への研修なんかも一時期よくやっていました。



企業の人材育成のための研修の場では、
テクニックやノウハウを教え込むことが
多いように思います。



ですが、実際のところ、『理念』と『しくみ』
さえあれば、人って勝手に『育つ』もの
なんですよね。



心から共感できる素晴らしい『理念』

企業の利益が、関わる個人の利益と直接
リンクするような魅力的な『しくみ』


この2つがあれば、人は自発的に成長するのです。


正確には、この2つがあって、
それが理解されていること、が条件ですね。



これは、『子育て』でも同じことだと思います。



『子育て』という言葉自体に『育てないと育たない』
という有害な固定観念が込められている気がします。



親は、子どもを『育て』ようとして、

『これはしちゃダメ』とか『こうしないといけない』と、

子どもの意識の中に『制限』を植えつけていきます。



子どもは、生まれてくる時、一切の『自我(顕在意識)』
持たないため、何の『制限(信念体系)』も持っていません。


人は、物心のつく(自我が出来上がる)6歳くらいまで、
催眠状態で過ごすそうです。
潜在意識主導で生きている、ということですね。


その間に、世界からいろいろな刺激を受け取り、
6歳までの間に、信念体系の80%が出来上がるのです。



世界からの刺激、と書きましたが、多くの子どもの場合、
一番身近な存在である両親からのインプットが、
そのほとんどを占めることになります。


6歳くらいまでの自分が、大脳辺縁系(感情の脳、潜在意識の脳)
の中に形成され、それがインナーチャイルドとなります。


このインナーチャイルドが、その人の、
その後の人生に大きな影響を与えることになります。


インナーチャイルドってのは、言い換えると、
『自我のコア』とも表現できますね。



これを大人になってから変えようとすると大変です。


自分の性格はわかっていても、なかなか変えられない、
というのは、誰しも思い当たるところが
あるのではないでしょうか。


自分という存在、自我の根っこになっているものなので、
それを変えることには大きな労力もかかるし、なにより、
変えようとすることに、大きな恐怖・不安が伴います。



なので、できれば6歳までの催眠状態の間に、
余計な制限・洗脳をしないということが大事ですね。



『育て』ようとするのではなく、『育つ』環境をつくる。



稲や作物をつくるとき、あれこれと
細かく面倒をみる必要はありませんよね。


ちゃんとした水田や畑を用意してやれば、
勝手に育っていくのです。それと同じです。




ここでも『理念』と『しくみ』が生きてきます。



生きること、人生は素晴らしいものだという『理念』。


求めたものが与えられる、人に与えれば自分にも返ってくる、
というこの世界の素晴らしい『しくみ』。



この2つのことを理解させることが、
親にできる最高の教育といえるのではないでしょうか。



それをどうやって教えたらいいのか?


親自身がそういう生き方をしていれば、
子どもはそれを見て勝手に『育つ』のです。




動画セミナーが無料で視聴できる
無料体験【ミニ講座】はこちら



【左脳系スピリチュアルアカデミー】
左脳で理解するスピリチュアルの実践
〜見えない世界の科学〜

*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム





【創造者としての目覚め】
〜『自分探し』を終わらせるプログラム〜

*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム

go page top

コメント

1. 環境を作る手間

> 『育て』ようとするのではなく、『育つ』環境をつくる。

なるほど。個人的にはその環境を作るためには『手間』が必要だと思います。『稲や作物をつくるとき』も、雑草や病気、日照など細かく面倒をみる必要があります。勿論放っておいても育ちますが商品にはなりません。
 現在の子ども達を取り巻く環境は『放っておいても良い』とは思えませんが、現在の教育がいらぬお世話をしすぎな面があることは否めません。良い環境を作って『待つ』余裕が必要ですね。

URL | studio417 #79D/WHSg
2011/05/15 08:48 * edit *

2. Re:環境を作る手間

>studio417さん
そうですね。同じ『手間』をかけるのでも
方向性が違うということですね。

部下を育てる、子どもを育てる、国民のことを考える、
どれにも当てはまりますが、要は相手に自立する
能力・可能性がある、と見ることなんでしょうね。

URL | Yoshi #79D/WHSg
2011/05/15 09:28 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanoukei.blog.fc2.com/tb.php/44-92236f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

検索フォーム

アクセスランキング

ブログ以外のメディア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク