04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Libertyze (リバタイズ) 〜進化した自己啓発メソッド〜

ブログタイトルの”Libertyze”(リバタイズ)とは、自由(Liberty)と『〜化する』『〜にする』という意味の接尾語(-ize)を組み合わせた造語です。このブログでは、進化した自由人であるLibertarist(リバタリスト)になるためのメソッドをお伝えしていきます。

楽を求めず、苦に負けない自分を創る

6月7日配信のメルマガ、
【意識レベルを進化させるメールコーチング】より一部抜粋



僕がブログやメルマガを通して伝えたいことは、

『人間としての生命を輝かせること』

と、表現できることなのかもしれません。



僕自身がそうだったのですが、引き寄せやスピリチュアル
な知識に出会い、そのワナにハマる人は、人生で、

『楽を求める』という方向に意識が向いてしまいます。



僕が音楽に夢中になって、Kelly Simonzさんから
影響を受けていた頃、そして、社会人になって、
古代中国史の英雄たちの生き方に憧れていたとき、

さらに、社会人としての能力を高めるため、
自己啓発に励んでいたとき、


これらの期間は、手探り状態ではありましたが、
『楽を求める』という発想はなく、一生懸命に、
自分を磨くことに意識を向けていたように思います。


ただ、人生のしくみ、現実化のメカニズムを
知らなかったため、一つの歯車が狂い出すと、

どんどん現実が悪い方向に進み、うつ病の一歩手前
という状況にまで陥ってしまいました。



それを抜け出してから2年後、引き寄せの法則に出会いました。


そこで出会った知識は、それまでの人生で考えてきたこと、
その中ででき上がった価値観を大きくひっくり返すほどの
インパクトを持っていました。


後から考えればそこが『ワナ』だったのですが、
当時の僕はそれに気づくはずもなく、

ただ、知識を追求するごとに、過去の自分が
培ってきた『努力』への意味づけ、その記憶を
どんどん書き換えていきました。


人生のメカニズムを知らないと、

『努力は必ずしも報われるものではない』

という疑念を、常に心の中に育てることになります。



その疑念に対して、引き寄せの法則やスピリチュアルは、
実に心地よい誘惑となって、心をとらえていくのです。



そして、実体験を通したわけでもないのに、

『努力する人生は間違っている』
『引き寄せを使いこなせばラクに成功できる』


といった、妄想でしかないことを
理解だと勘違いしてしまうんです。


思えば、これが僕自身の
『カルマの燃焼』の始まりだったんです。



これは、単に僕が自分の観たいものしか観ていなかった、
ということの結果でしかありません。


スピリチュアルリーダーたちも、引き寄せマスターたちも、
自らの人生の中で、恐れを克服した経験をもっています。


そこに目を向けず、というか、
フィルターがかかっているため、

目に映らないのですが、とにかく、表面だけを観て、
安易に楽を求める発想に陥ってしまうのです。


僕の『カルマの燃焼』時期で言えば、

現実を変えるために、行動すべきなのに、
思考を変えるだけで現実を変えようとして、

当たり前ですが、それでは現実が変わらず、どんどん、
深みにハマっていくような錯覚を経験していたのです。



『考えるだけでラクに現実を引き寄せられる』


確かにそう、間違いでもウソでもありません。


ただ、自分の本当の意志を反映させて思考することが、
相応の意識レベルの高さを要することに気づいてないのです。


考えるだけ、の
考えることが実は難しいなんて思いもしないのです。


マスターたちが、『こんなにもカンタン♪』だと
言うことの背景には、彼らが自らの人生経験を費やして、

『在り方』『セルフイメージ』を高めてきたという事実が
あることを、しっかりと認識する必要があるのです。


日常の中で、あなたの身に起こる現象と、
マスターたちの身に起こる現象に変わりはありません。


悟りの境地に達すれば、マスターになれば、
今とは違った現実が現れる、というのは幻想です。



あなたが日常の中で、『苦』に感じるような経験を、
マスターたちは、自分自身の中で『快楽』『喜び』
昇華させることができる、というだけのことです。


現実の中で起こる現象は変わらず、
それを受け取る『器』としての在り方が違うのです。


その『在り方』は、数えきれないほどの、小さな
行動と実践の積み重ねで創られています。



僕の中の言葉の定義ですが、


苦を避けるのが楽であり、

苦と向き合い、それを昇華させたものが快楽
です。



人生で求めるべきなのは、『楽』ではなく『快楽』なのです。



それを実現する『在り方』を創ることを
第一に考えていく必要があります。


ただ、やみくもに手探りで生きるよりも、
効率よく、自分の『在り方』を調える生き方
があるのも確かであり、それこそが、

僕が人生を通して追究する価値のあるものだと
思っていることに他なりません。



苦を避け、楽に生きるためのメソッドではなく、
苦を快楽に昇華させる『在り方』を創るためのメソッドです。


それが、僕があなたに伝えたいことです。




動画セミナーが無料で視聴できる
無料体験【ミニ講座】はこちら



【左脳系スピリチュアルアカデミー】
左脳で理解するスピリチュアルの実践
〜見えない世界の科学〜

*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム





【創造者としての目覚め】
〜『自分探し』を終わらせるプログラム〜

*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム

go page top

コメント

1. 難しいけど大事

自分も未だに隙あらば楽を求めてしまいます。
そりゃあつい3ヶ月前までガッツリ精神的に引きこもってましたから(笑)
それでも行動できるのは、勢いのあるうちにYoShiさんと色々約束を作ってしまって逃げられなくしているから。
人を巻き込むのって自分を律するって意味でも有効ですね。

URL | BIBI #79D/WHSg
2012/06/07 20:58 * edit *

2. Re:難しいけど大事

>BIBIさん
コメントどうもありがとうございます^ー^

そうそう、そうやって自分を行動せざるを得ない
状況に置いてくのって、ホントに有効なんですよね♪

このテクニックをナチュラルに使いこなすBIBIさんは
やっぱり素敵です^ー^

URL | YoShi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2012/06/07 21:56 * edit *

3. 無題

こんにちは、

>あなたが日常の中で、『苦』に感じるような
>経験を、マスターたちは、自分自身の中で
>『快楽』や『喜び』に昇華させることができる、
>というだけのことです。

これ、その通りですね。
受け止め方次第。観点次第です。

URL | atomlight #79D/WHSg
2012/06/08 17:43 * edit *

4. Re:無題

>atomlightさん
コメントどうもありがとうございます^ー^

『苦』がなくなるんじゃなく、『苦』に負けなくなる、
ってことなんですよね♪

URL | YoShi@左脳系スピリチュアリスト #79D/WHSg
2012/06/08 22:30 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanoukei.blog.fc2.com/tb.php/474-29d3d971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

検索フォーム

アクセスランキング

ブログ以外のメディア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク