09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Libertyze (リバタイズ) 〜進化した自己啓発メソッド〜

ブログタイトルの”Libertyze”(リバタイズ)とは、自由(Liberty)と『〜化する』『〜にする』という意味の接尾語(-ize)を組み合わせた造語です。このブログでは、進化した自由人であるLibertarist(リバタリスト)になるためのメソッドをお伝えしていきます。

Libertyze 〜”自由”を楽しむ技術〜




いきなりですが、僕の今後の活動テーマ、
コンセプトを発表しておきます。


それは、

『人間として”自由”に生きること

 ”自由”に生きる仲間を増やすこと』


です。



記事タイトルのLibertyze(リバタイズ)
ってのは、僕の造語です。


リバタイズする=”自由”を選択し、それを楽しむ


というニュアンスで、これは『技術』
もしくは能力・スキルのようなものだと考えてます。



精神的にも物質的にも執着や束縛から解放され、
自由に生きている人は、

”リバタイズする力”が優れているから、
”自由”な生き方を実現できている、
というわけです。



僕自身、この1年ほど、特に直近の数ヶ月で、
”生き方”を大きく変えました。


そして、そういう実体験を通して、
人間として”自由”に生きるために、
何が必要なのか、どういう能力を磨けばいいのか、

そういうことが、しっかりと観えてきたんです。



あなたは、”自由”になるためには
何が必要だと考えますか??


お金だけあっても、自由じゃない人はたくさんいます。


現代日本は、世界でも有数の物質的に豊かな国です。

でも、熟成社会ならではの閉塞感、がんじがらめに
なった社会通念や常識、固定観念に人々は縛られています。


その中で、世の中の多くの人たちは、心の奥から、
解放されたい、自由になりたい、という
思いを抱きながら生きています。



会社員にしても独立して自営してても、
毎日の繰り返しの仕事や、やるべきこと、

仕事人としての自分、父親(母親)としての自分、
パートナーとしての自分、家族の一員としての自分、

そういう『仮面』にまとわりつくしがらみに
囚われて、自由を失っています。


『生きていくためには仕事をしないといけない』
『この仕事は、自分がいなきゃまわらない』
『家族を養っていかないといけない』
『自分には愛する人を幸せにする義務がある』



自分のアタマの中の観念に支配されて、
無限にある選択肢のほんの一部しか観えていません。


一日の中で、『本当の自分』として生きている
時間が一体どのくらいあるというのでしょう??


現代人の多くは、『本当の自分』
見失ったまま毎日を生きています。



また、精神世界に没頭し、心の自由だけを
求めている人たちも、自分でも気づかないうちに

『暗黙のルール』に囚われて自由を失っています。


『こういう考え方をしちゃいけないんだ』
『波動の低い人と付き合っちゃいけない』
『しっかり瞑想しなきゃ』
『現世的な欲求に囚われちゃいけない』
『こんなネガティブな考えに囚われる自分はダメだ』



本質を見失ってはいないでしょうか??



また、

『お金なんかなくても幸せになれる』
『物質的な成功を求めるなんてむなしいだけ』
『この世は幻想なのにがんばってもしょうがない』
『ささやかな小さな幸せで自分は満足できる』



このような考え方も、その背景に、

『自分は物質的な成功ができない』

という無意識の思い込みがあるということに、
気づいているでしょうか??



物質的な成功を否定する人は、自分自身で、
自分の生きる世界の中で物質的な制約を
創りだしているようなものです。


お金がなくても家族で仲良く幸せに暮らせればいい、

という人は、経済的な困窮が、いともたやすく
家族の絆を壊してしまうリスクになることが観えていません。


今、目に見えているものだけを観て、
小さな満足に浸ってしまうのは、
”自由”ではない
のです。


心の自由は、心だけで実現できるものではありません。
精神と物質を分けて考えるのは、もはや旧い、
時代遅れの考え方になっています。



本当の”自由”はどんなものも否定しません。
ただ、選択肢をどこまでも広く見渡せるのです。

これは、精神面と物質面、両方の『自由力』
バランスよくかみ合ってこそ、実現することです。



いくら心が自由だ、といっても、現実的に、

好きなときに好きなことができたり、
好きな場所に行ったりするお金がなければ
本当の意味で”自由”とは言えませんよね??


心と身体は一つのものです。
現実世界のしがらみ、仕事や人間関係に
身体が囚われていれば、それは同時に
心も囚われているということを意味するのです。




人間として”自由”に生きるために必要なこと、
そのために磨くべき能力・技術はいくつかあります。


たとえば、人間関係を構築する技術、つまり、
『人間』の本質、心というものを理解する技術、

そして、お金というものの本質を理解する技術。

価値の本質を理解して、自分を中心に
エネルギーの循環を起こすための力とも言えます。



具体的なものはいろいろありますが、
”自由”であるために、絶対に必要なことは、

僕は『理性』の力だと考えています。


中途半端な理性は、自分で自分を縛りつける
ものにもなりますが、磨き上げられた『理性』

それによって得られる『知識』は大きな武器になります。


なぜなら、『”自由”する技術』とは、言い換えると、
『好きなものを選択する力』だからです。


自分が本当に好きなもの、
は知識を増やさないと観えてきません。


たとえば、イチロー選手も、小さな頃に、
野球に関する情報をたくさん得て、知識を
増やしたからこそ、野球を選択できたのです。



『理性』をもう少し具体化して2つに分けると、

『情報リテラシー』と『心の自由(意識の覚醒)』

になります。



『情報リテラシー』とは、隠れた選択肢を見渡し、
自分の進むべき道を光で示すための能力です。


そして『心の自由』とは、進むべき道を
進むこと、その選択を自分に赦すための力です。



情報について学ばないと、自分の人生に役立つ知識
を効率よく得ることができないばかりか、誤った知識
をつけて選択肢を限定してしまうことになります。


また、知識を持っていたとしても、それを実際に
行動として選択できなければ、現実は変わりません。



この2つの力が根っこになります。

これらを磨けば、人間関係も経済的豊かさも、
その他、”自由”の実現のために必要なものは
すべて手に入れることができるのです。



長々と書き綴ってしまいましたが、
これがここ最近、僕がアタマの中で
創造してきたことになります。


これが、僕が今一番やりたいことだと言えます。


このブログは『悟り』をテーマにしてきましたが、
もともとは”自由”というテーマで始めたものでした。


タイトルを『悟りの書』に変え、プロフィールを
書き換えたのが、ちょうど一年前の今日(7月25日)
だったので、一年経ってまた戻ってきたかんじですね。



人生の中で、『悟り』は単なる通過点でしかありません。

その先には、人間としての”自由”を追求する、
終わりのない道(未知)が果てしなく続いています。



とりあえず、今は僕のアタマの中だけにある、
リバタイズするための技術、これを、

しっかり体系化し、必要に応じてメソッド化し、
たくさんの人たちに伝えていくつもりです。


その道程で、一人ひとりの”自由への扉”を開き、
必要な力を身につけてもらい、『仲間』として
一緒に自由な人生を謳歌していきたいと思ってます。



単純な成功哲学や自己啓発でもなく、
お金さえ手に入れば後のものはついてくる
(これはある意味『真理』でもありますが)、

というのでもなく、また、
スピリチュアルなだけでもなく、


すべてを一通り知った上で、
バランス(調和)に価値を置く、


というのが僕ならではの持ち味になるのかな、

と思ってます。


あと、僕のキャラ的に、

『肩のこらない自己啓発』

『柔らかい成功哲学』


というのもコンセプト的に考えてます。



とりあえず、最初の『宣言』は以上、
ということで、今後ともどうぞよろしくお願いします^ー^


共感して頂ける方、是非、一緒に”自由”になりましょう♪




動画セミナーが無料で視聴できる
無料体験【ミニ講座】はこちら



【創造者としての目覚め】
〜『自分探し』を終わらせるプログラム〜
氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanoukei.blog.fc2.com/tb.php/523-4b36ce5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

検索フォーム

アクセスランキング

ブログ以外のメディア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク