04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Libertyze (リバタイズ) 〜進化した自己啓発メソッド〜

ブログタイトルの”Libertyze”(リバタイズ)とは、自由(Liberty)と『〜化する』『〜にする』という意味の接尾語(-ize)を組み合わせた造語です。このブログでは、進化した自由人であるLibertarist(リバタリスト)になるためのメソッドをお伝えしていきます。

自由は心の中にある

『自由』というものを考えたとき、

自由を阻害する『束縛』は、会社や人間関係のしがらみ、
社会の在り方などなど、自分の『外』にあるものだと
普通は考えられています。



もっと具体的に言えば、


月曜から金曜日までは出社しないといけない、

朝9時には出社し、タイムカードを
押しておく必要がある、

上司の◯◯さんから言われた仕事を
進めないといけない、

時間が来るまでは職場に留まらないといけない、

近所の人との話に付き合わないと気まずくなる、

赤信号のときは道を渡ってはいけない、

外国で暮らすためにはビザが必要、




挙げ始めるとキリがないですが、

要は、こういう目に見えない『ルール』が、
人の行動や心を縛っている、ということです。



これらは、確かに自分の『外』

もっと言えば、自分とは別の存在である
『他人』が創りだしたルールだと言えます。



ただ、よくよく考えてみたら、これらのルールは、
物理的に何かの制約を受けてるわけではなく、
『心の中』にしか存在しないものだとわかります。


『会社の中の決まり事』というルールは、
あなたの外にあるワケではなく、あなたの
『心の中』にあるんです。


そもそも、『会社』『組織』というもの自体、
実体のない幻想みたいなものです。



ちょっとピンと来ないかもしれませんね。


じっくり考えてみましょうか。



あなたがどこかの会社に勤めてるとします。


その『会社』っていうものは、
何によってできているのかを考えてみましょう。


社長がいて、部長がいて、課長がいて、
同僚がいて、部下がいて、、、


いろんな人が集まって、何かの目的のために、
同じ場所にいて仕事をしているワケです。


ただ、その人々を集めて縛りつけている
『ルール』というものは、一体どこにあるものでしょう?


それは、関わる人、一人ひとりのアタマの
中だけに存在するものなんです。


あなたのアタマ(心)の中だけではなく、
関わる人たち全員で共有されている、

というところがポイントではありますが、
とにかく、『ルール』という名の束縛は、

人の『心の中』だけにしか存在しないものなのは確かです。



では、そういう『束縛』から解放されて
自由になるためには何が必要でしょうか??


『ルールという名の束縛』は、関わる人たち
全員で共有されているものですが、

その中に属している個人が、その束縛から
解放されるためには、別に、すべての人の
アタマの中から『束縛』を消し去る必要はなく、


あなたの心だけを『束縛』から解放するだけで実現されます。



会社の出社時間が9時と決まっていても、
あなた一人が

『俺はそんなモノに縛られない!』

と、心から思えたら、その瞬間に
自由は実現するんです。



ただ、これは少し現実的ではありませんね。


現実的に考えれば、他人との関わりを一切
ムシして、自分勝手に振る舞うなんてことは
不可能です。



実際のところ、心の中の『束縛』
それ単体で存在するものではなく、
複雑に絡まりあってるからです。


あなたにとって、優先度の低い、
他の部署のAさんが、

『9時に出社するのが当たり前!』

と言っていても、捨て置くことは
できるかもしれませんが、



あなたが普段からお世話になっている、
直属の上司であり、尊敬する先輩でもある
Bさんが、

『9時に出社すべきだ!』

と言っていたら、あなたの心は、
自然に、それに合わせようという気持ちが
はたらくことになります。



そもそも、『束縛から解放される』
ということを『自由』だと考えれば、

『自由』は決して手の届かないものになってしまうのです。



なぜなら、すべての『束縛』から解放される
ことなんて、絶対にあり得ないからです。


注釈をつけると、人間が人間である限り、
不可能だということです。


人間が人間である、とは、『自我』を持つ、
ということと同義だと思ってください。



では、『自由』とは一体何なのか?

ということですが、僕は、


『束縛を選択する自由』だと考えます。



自分が、どんなルール、束縛を優先するのかを、
自分自身で選択すること、こそが『自由』だと思うんです。



さっきの例で言えば、

『朝9時に出社する』


というルール(束縛)があっても、


あなたが『人に優しく接する』という
ルール(束縛)を持っていて、その優先度を
高く置いていれば、


遅刻しそうなときであっても、
会社までの道の途中で困ってる人を見かけたら、

『朝9時に出社する』

というルールを無視してでも、
その人を助けて、力になることを優先できるのです。


これが『選択の自由』というものです。



つまるところ、『自由』であるためには、
自分自身の中で、どんなときにも優先すべき

『信念』という名のルール(束縛)を
持つ必要がある、ということなんです。


これが『心の自由』というわけですね。



実際には、これを実践レベルで身につけるには、
それなりに心の修錬が必要になります。


多くの人は、自分の軸がブレやすく、
他人(社会)との共通のルールから
外れた行動をとるのを恐れるからです。


他人や社会との共通のルールとは、
常識や社会通念、会社の規則、などなどのことです。


多くの人は、日々の生活の中でこういった
目に見えない『ルール』に縛られて生きています。


目に見えないルールといっても、心が縛られていると、

『現実』にも反映されるので、結局は、金銭的に余裕がない、
とか、会社や仕事に縛られて、住む場所を自由に選べない、

といった、物理的な制約も受けることにもつながります。



いろいろな段階はありますが、あなたが
『自由』への第一歩を踏み出すために意識すべきなのは、

『心の自由』を身につけるということです。



こういう『心の自由』を身につけるために、
どんな修錬を積めばいいのか、ということは、
こちらのメール講座に一通りまとめています。



また、『心の自由』を身につけるために、
僕が推奨するのは、

『ビジネスを学び、実践する』

ということです。



説明すると長くなるので、詳細はここでは省きますが、

カンタンに言えば、ビジネスを学び、実践することで、
心理的ブロックがどんどん外れていくと同時に、

金銭的な余裕が生まれてくるので、現実的にも
『自由』の度合いが増していくことになるのです。




長くなりましたがまとめると、


すべての束縛は自分自身で創りだしている、

ただ、『社会のルール』的な束縛は、
自分の心の中だけではなく、他人との
関わりによって創られている、

『自由』とは、自分自身の心の中に、
優先すべき『束縛』を創ることで実現できる、



ということですね。




動画セミナーが無料で視聴できる
無料体験【ミニ講座】はこちら


【左脳系スピリチュアルアカデミー】

左脳で理解するスピリチュアルの実践
〜見えない世界の科学〜

*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanoukei.blog.fc2.com/tb.php/546-11e9d28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

検索フォーム

アクセスランキング

ブログ以外のメディア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク