09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Libertyze (リバタイズ) 〜進化した自己啓発メソッド〜

ブログタイトルの”Libertyze”(リバタイズ)とは、自由(Liberty)と『〜化する』『〜にする』という意味の接尾語(-ize)を組み合わせた造語です。このブログでは、進化した自由人であるLibertarist(リバタリスト)になるためのメソッドをお伝えしていきます。

『3つの軸』に関するアンケート

僕自身が今後やっていきたいこと、
を考えていて、

思い浮かんできた『3つの軸』があります。



どれも、『教育』『啓蒙』に関する、
具体的な活動になるんですが、

どの分野のテーマに興味があるか、


聴かせてください。



1つ目は、僕自身の情報発信や、
価値観・世界観的なコンセプト、

【左脳系スピリチュアル】に関することです。



少し前にこういうブログ記事を書きました。



『左脳系スピリチュアルを実学に』
http://sanoukei.blog.fc2.com/blog-entry-657.html




日本人の宗教的、スピリチュアル的な
【リテラシー:情報や知識の活用能力】
高めていくために、


僕はブログ、Facebookを活用して、
今後はYouTubeや出版などにも進出し、


教育・啓蒙活動を続けるつもりです。




ただ、これは一人でやってても、
とても大変な道だと感じてます。


なので、まずは、もっとコアなレベルで、
僕が理解していることを共有する、

『仲間』をつくらないといけない、


と考えてます。




だから、

【左脳系スピリチュアル】について、
がっつりと学ぶための教育機関をつくります。



ここでは、


信仰心のメカニズム
スピリチュアルリテラシーの基本
神とは何か?
人の中に眠る仏性・神性
縁起の概念
瞑想の真実
宇宙のアルゴリズム
引き寄せの法則
運命(カルマ)の法則
オカルトとスピリチュアルの区別
気功・催眠・エネルギーマネジメントの実践



などなど、

僕が【左脳系スピリチュアル】
Facebookページや、アメブロ【悟りの書】

で語っているようなことを、
もっとがっつりと深いレベルで、

『対面の場』で直接伝えていきます。




特定の何かの宗教の論理に囚われることなく、


世界中のどんな宗教家と対峙しても、
対等に対話ができるレベルで、


しかも、自分の現実的な実生活に、
スピリチュアル的な法則を有効に活用できる、



確かな『スピリチュアルリテラシー』
身につけた人間を増やしていくつもりです。




このプロジェクトで目指すのは、

『意識レベル』『スピリチュアルリテラシー』
『悟り』の段階まで上がった人間を増やすこと、です。


日本人の信仰心の深さに、

確かな『スピリチュアルリテラシー』
身につけばもう最強です。



世界の中でもリーダーシップを
取れるような人間を育成し、

そういう人たちを『仲間』にして、
【左脳系スピリチュアル】というコンセプトが

世の中に広まるのを手伝ってもらうつもりです。



これが1つ目の軸。




2つ目は、【トータルヘルス】です。



今、【催眠コーチング】の方で
パートナーとして一緒に活動している
藤原理恵さんと、

以前からずっと温めてきたテーマですが、



僕らは『美と健康』というものを、
抽象度を上げて、


『心、身体、魂の美と健康』


というところまで広げてとらえています。



『心』だけでもなく、
『身体』だけでもなく、

『魂:関係性・縁起』という高い抽象度から、
人生全般の『美しさ』『健康状態』を追求すること、



そのための知識や技術を、
総合的に学べるような環境を

これから創り上げていこうと思ってます。



土台となるのは、

【左脳系スピリチュアル】的な
スピリチュアルリテラシーです。



【左脳系スピリチュアル】的に、
『魂』『心』と明確に区別される定義があります。



多くの人は、心と魂がごっちゃになってて、
正確に区別できてません。




目に観える世界:この世
物質世界の論理だけでなく、

目に観えない世界:あの世
情報空間の論理だけでもなく、


その両方にまたがった視点で、
真の『美と健康』というものを追求する。



世の中の美容観、健康観というのは、
バラバラに分断された価値観の中で、

統合されず、ちぐはぐな状態に留まっています。



せいぜい『心と身体』の関係性に
着目する人が出てき始めている段階で、

『魂の健康状態』『魂の美しさ』という視点を
持てている人はほとんどいません。


いてもしっかり言語化、ロジック化できてません。




だから、この【トータルヘルス】に関しても、
教育機関『アカデミー』を創って、

がっつりと伝えていく必要がある、と感じてます。




そして3つ目の軸ですが、
これはもうすでにスタートさせている企画、

【Magical Science Labo】という研究機関です。



これは、見た目的には
『ビジネス』という切り口になってますが、


『リストコミュニティの構築』

ということを、
本質的な目で見ると、


『魂、情報身体、影響力のステージを高める』


という意味になります。



僕が会社という
『社会的な信用のある組織』から抜け出し、


個人として世の中と向き合うような、
そういう生き方が実現できたのは、


『Facebook、ブログ、メルマガなどの
 ネット空間のしくみを組み合わせて、

 自分の情報身体を大きくしたから』



だと言えます。



こういう関連の記事、これまでにも
何度も何度も書いてきてるんですが、

なかなかその本質が伝わらないので、
直接指導して理解してもらうための場を用意しました。



僕が提唱している

『左脳系スピリチュアル』


というコンセプトは、
既存のふわふわしたスピリチュアルと違い、


あくまで、

スピリチュアル:あの世の論理を、
現実世界:この世の現象にしっかりと結びつけ、


『現実:人生を変化させる力』


を取り出す、という部分に肝があります。



スピリチュアルの法則を、
きちんと『再現性』をもたせて

『具体的な戦術』に変えているので、


僕は短期間で自分の人生を大きく変えてるんです。



スピ系の人で、『ネットの可能性』
本当にしっかりと理解してる人はほぼ皆無です。



インターネットを活用して、
人の脳みそや心と直接つながることが、

どういう効果をもたらすのか?



ネットを使って、自分のアタマの中の
イメージを他人と共有していくことで、

自分自身の現実、人生、運命に
どういう影響をもたらすことができるのか??



その『真の可能性』に気づいている人は
ほとんどいないと言えます。




今の時代に、
仏陀やキリストが生きていれば、


間違いなく自分の伝道活動にネットを使うはずです。



ムハンマドもきっと、
紙ベースではなく、

ブログやYouTubeなどを活用して、
クルアーンを綴っていくはずです。



この世界に『印刷』という技術が生まれて以来、
『電話・電報』、『インターネット』と、

人間社会の中に『情報革命』が起こってきました。



『情報革命』が起こるたびに、
人間の『情報身体』の可能性に、

大きな『進化』が実現してきてます。



今は、そういう『人類としての種の進化』
の最先端に、僕らは生きています。



インターネットを活用して、
メールアドレスのリストを獲得し、

そうやってつながった人たちと、
コミュニケーションをとって、


ネット空間を媒介にして、
情報空間、物理空間にコミュニティをつくること。



そういう営みによって、
自分の『影響力のステージ』が上がり、

人生で実現できることの可能性が
爆発的に大きくなる。



こういう視点で『リストコミュニティ』
とらえてる人は、悲しいことにほとんどいません。


悲しい現状ですが、

その『重要性』を、僕が少しでも
多くの人に伝えていく必要があると感じてます。



『リストコミュニティ』によって、
人生が大きく変わる人がたくさん出れば、

人々の認識も変わっていくはずなので。



ってことで、見た目的には、
僕の語る、

【左脳系スピリチュアル】
距離があるように視えるかもしれませんが、


僕の中では明確につながってます。



興味のある方は、
こちらからレクチャーを受けてみてくださいね。


【個人・小規模事業主のためのビジネス大戦略】
http://conscious-ex.com/fx/gsb01






と、『3つの軸』が出揃ったところで、
アンケートの方に移ります。



今後僕が関わっていく、
教育・啓蒙活動のための機関、


一番興味があるのはどれですか?



そして、そこではどういう
『学び』を得たいと感じますか??



・【左脳系スピリチュアル】のアカデミー
・【トータルヘルス】のアカデミー
・【現実的なステージを上げる技術】の研究所



アンケートの回答はこちらに。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/30a931b2216206
(タイトルには『教育機関』と記入ください)
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanoukei.blog.fc2.com/tb.php/659-377c70cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

検索フォーム

アクセスランキング

ブログ以外のメディア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク