06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Libertyze (リバタイズ) 〜進化した自己啓発メソッド〜

ブログタイトルの”Libertyze”(リバタイズ)とは、自由(Liberty)と『〜化する』『〜にする』という意味の接尾語(-ize)を組み合わせた造語です。このブログでは、進化した自由人であるLibertarist(リバタリスト)になるためのメソッドをお伝えしていきます。

コミットレベルは自分で高める

【サトリ通信】より抜粋
【サトリ通信】は僕のメール講座受講生だけに配信されます)


ここ数日、僕はあえて返事をしてないんですが、

ごくごく初歩的な質問とか、

自分で判断すべきことなのに、
僕に背中を押してもらいたい、

というコンテクストが観えるメールを
いくつか頂いてます。



以前にも書いたことがあるんですが、
昔はそういうメールにも律儀に返事してましたが、

今の僕は、そういうメールは基本的にすべて、

『生温かくスルー』

してます。



高額商品の購入に関するお問い合わせ、

であっても、です。


きちんと対応して返事をした方が、
購入につながって売上は上がるんですが、
今はそういうこともあえてやりません。



この辺、僕はもう、『企業人』的な
常識には一切とらわれてないので。


仮に、

『消費者側の質問には丁寧に答えるべきだろ!』

とか、考える人がいるなら、
僕は、そういう方にはとりあえず門戸を閉ざします。



そこで気分を害して、僕の元を離れていって、
その後、別のところでいろいろ経験して学んで、

その結果として、
『消費者マインド』というものから解放されて、


その上で、僕の人生とまた何かしらの
ご縁を持つことがあるのなら、

その時は、わだかまりなく迎え入れます。



今の僕は、人生の中でタイミングがかみ合う
方とだけご縁を持つようにしてます。



と、高い視点からの話になりましたが、
でも、そういうメールって大体、

商品のレターに書いてることだったり、
僕がレクチャーとかのどこかですでに
語ったことだったりするんです。


自分で調べれば解決できることを、
相手の時間を奪ってまで訊いちゃダメ
ですよね。
(もちろん相手との関係性にもよりますが)


自分で情報を集めて、自分の中で消化して、
その上で、自分で選択し決断する。


そのプロセスが大事なんですよ。


商品とか教材の購入も同じ。
スタートするときのコミットレベルが重要です。



なので、

相手の人が自分で解決すべきこと、
僕が答える意味が観えてこないこと、


には、基本的に答えません。


相手の人が自分でできることなのに、
それを僕がやってしまえば、

それは相手の成長の機会、
可能性を奪ってしまうことになります。



僕は今、このスタンスをシビアに貫いてます。


このスタンスを『厳しい』と感じる方は、
僕の提供する『場』では成長できないと思うからです。


このスタンスに納得感をもって
踏み出せる方だけに来てもらえたらイイと思ってます。


僕は『売上』だけを伸ばしたくて
ビジネス(教育)をやってるワケじゃないので、

僕が運営するコミュニティには、
そういう『ハードル』を設置してます。



僕はそのスタンスこそが、
本当の意味での『教育』だと思ってるし、

『教育』は僕の生きる哲学であり、
信念でもあるので、ここは貫くんです。



と、いうことで、
僕からのレスポンスがない方は、

まず、自分の出したメッセージを読み返して、
自分の中から答えを掘り起こしてみてもらえたら、

と思います。
 
 
 
動画セミナーが無料で視聴できる
【メールプログラム】はこちら



人生を豊かにする【時間の投資術】
時間を投資する『働き方』革命講座
【労働時間を10分の1にして収入を10倍にする】
氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 

 
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→https://sanoukei.blog.fc2.com/tb.php/635-144a6c26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

検索フォーム

アクセスランキング

ブログ以外のメディア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク